地域開発が進むエリア|一年中快適な環境で住みたいならサカエ建設へゴー!

一年中快適な環境で住みたいならサカエ建設へゴー!

地域開発が進むエリア

家

大垣市の住宅事情

岐阜県の大垣市は岐阜県南西部(西濃地方)に位置し、山に囲まれた地形で市内全域と市周辺に河川が多くあることから地下水が豊富で水の都(水都)と言われる都市です。近年、養老郡上石津町や安八郡墨俣町を飛び地でありながら合併し、人口増加が見られます。大垣駅周辺再開発により、マンション建設や大型商業店舗、駅前エリア整地などが進み、中心地域の人口増加が見られます。また、奥の細道結びの地記念館の完成や大垣まつりが国の重要無形文化財に指定されたことなどから観光地としても栄えたことも大垣が全国的に知られる要因ともなりました。大垣駅前のタワーマンションや駅裏の旧繊維工場跡に一戸建住宅の建設が進み、他の地域から大垣に移り住む人が多くなりました。

大垣で住む利点

岐阜県大垣市で注文住宅を建てる人が増えていますが、大垣に住む利点を求めて注文住宅を建てる人が多いようです。大垣市は、市内に上場大手企業が8社あり、雇用も安定しており、名古屋市までのアクセスもJR線で30分圏内、高速道路インターチェンジが2か所と交通の面で県庁所在地の岐阜市よりも便利です。大垣で注文住宅を作るメリットは水の都と言われるように、市域全体で豊富に水が湧き出ており、公園や神社、街中でも湧水が見られ、水道水にも地下水の水源から引かれた水が使用さており、また、水中ポンプを利用して地下水をくみ上げるお宅も多く、おいしい水がいただけるという点もあります。大垣市で注文住宅を建てる場合、大垣駅周辺2km圏内が人気です。

Copyright © 2017 一年中快適な環境で住みたいならサカエ建設へゴー! All Rights Reserved.