一年中快適な環境で住みたいならサカエ建設へゴー!

地域開発が進むエリア

家

岐阜県大垣市で注文住宅を建てる人の中に大垣で住むメリットを求めて他の地域から移住してくる人も多いです。大垣市は県南西部(西濃地方)位置し、水の都と言われ、最近では大垣まつりや奥の細道結びの地などの観光でも人気があります。

More Detail

湿気に強い戸建て住宅

建築

防湿およびシロアリ対策

季節によっては湿度が非常に高くなる日本では、戸建て住宅における湿度調節が欠かせません。戸建て住宅の建設には木材が多く使われているので、湿度が高いまま放置しておくと、その木材が湿気を吸って腐敗しやすくなります。そして腐敗すると、強度が下がったり、シロアリ被害が発生しやすくなったりするのです。これを防ぐためには、こまめな換気や調湿剤の使用が必要となるのですが、いずれも床下に関しては、おこなうことが困難です。そのため戸建て住宅は床下から傷みやすいのですが、サカエ建設で建てた戸建て住宅なら、そのリスクは低くなります。なぜならサカエ建設では、基礎の段階からしっかりと防湿およびシロアリ対策をおこないながら、戸建て住宅を建設しているからです。

鉄筋コンクリートと断熱材

具体的にはサカエ建設では、戸建て住宅の基礎を、ベタ基礎と呼ばれている全面鉄筋コンクリートの状態にしています。床下の木材と地面との間に鉄筋コンクリートがあるわけですから、木材は地面からの水分を吸収しません。さらに防湿シートも使われているため、サカエ建設で建てた戸建て住宅は、湿気に強く長持ちしやすいのです。また床下には、撥水性のあるポリスチレンフォームで作られた断熱材が入れてあります。これも水分を吸収しないので、入れることで木材は一層湿気から守られやすくなります。木材が湿気で柔らかくならず、十分な強度を保っていれば、シロアリ被害も出にくくなるのです。長年安心して住み続けるために、多くの人がサカエ建設に戸建て住宅の建設を依頼しています。

住宅を建てる場合

間取り図

注文住宅とは依頼者が購入した土地の上に、メーカーが一から住宅を建てていくというものです。依頼者の希望も叶えてもらいやすいので、住宅に妥協したくない人にとっては打って付けの方法だと言えます。建設を依頼する場合には大手メーカーに依頼するのも良いですし、埼玉の地元に密着した会社に依頼するのも有効です。

More Detail

25区画以上で大規模

部屋

大阪府には、分譲住宅が多くありますが、きれいに整備された街並みに憧れるなら、大規模分譲住宅がおすすめです。特にお子さまがいらっしゃるご家庭では、小学校や中学校が近くにあり、セキュリティ対策が標準装備の分譲住宅が人気のようです。

More Detail

Copyright © 2017 一年中快適な環境で住みたいならサカエ建設へゴー! All Rights Reserved.